その他

鳥取学生赤十字奉仕団が記念式典 ~50年を振り返って~

2月10日(日)鳥取学生赤十字奉仕団(委員長 新居陽太、団員数55名)が鳥取市郊外の日本一 大きい池で知られる湖山池の畔「レーク大樹」で 設立50周年記念式典を行いました。

 

OB・OG及び在団生のほか、お世話になっている施設長、支部職員など約60名が集い、式典と懇親会が厳かに挙行されました。


【鳥取県支部事務局長あいさつ】          【卒団生代表(山中俊滋氏あつさつ)】

 

記念式典を終えて懇親会では、先輩後輩・ご来賓の方など年齢をこえて膝を交えた交流が宴席を利用して行われました。ステージではプロジェクターで写真を映しだし、半世紀のタイムスリップを楽しんでいました。

 

【懇親会の一コマ】

 

今後とも諸先輩方から引き継いだ活動を大切にしながら、時代のニーズに即した活動にもチャレンジしていきたいと考えております。

 

今般の記念事業全般にご協力いただいた皆様へ心より感謝申し上げます。

ありがとうございました。

 

【式典後の記念撮影】

 

※詳しくはこちらからご覧ください。