その他

学生赤十字奉仕団が子どもたちと恒例の「ゆうゆうキャンプ」を実施~酷暑にも負けない歓声が夏空に響く~

  8月3日~6日、鳥取砂丘こどもの国キャンプ場にて、鳥取学生赤十字奉仕団(委員長 新居陽太、団員数62名)と日本赤十字社鳥取県支部は、県下の子どもたちと「第39回ゆうゆうキャンプ」を開催しました。



【集合写真】


  今年は、児童養護施設の児童に加え、鳥取市教育委員会よりご後援をいただき、地域の小学校高学年児童の参加を大幅に増やし、総勢60名余りの規模で開催しましたが、ボランティア指導者や多くのOB・OG、日赤鳥取県支部職員の協力に支えられ、大きな事故もなく無事に終えることができました。

  キャンプを通して、子ども同士はもちろん、子どもと団員との絆も深まりました。最終日には、「○○が楽しかった」「来年も参加したい」「参加できてよかった」など口々にスタッフや団員に話す子どもたちの様子が見られました。




  

【食事の様子】                                    【ドッヂボール】


  本団の活動は、県下の地域の皆様方からの温かいご指導をいただいて活動を続けられるものと一同感謝しております。今後ともご支援をいただきますようお願い申し上げます。

  この場をお借りして、当キャンプにご協力いただきました鳥取市教育委員会、各小学校や福祉施設、ご協力団体に厚くお礼を申し上げます。


記事:鳥取学生赤十字奉仕団


詳しくはこちら