青少年赤十字

「自分のいのちは自分で守る!」 青少年赤十字の防災研修会を開催

鳥取県西部地区高等学校の青少年赤十字加盟校を対象とした防災研修会を12月21日(土)に県立米子南高等学校水陵会館で開催しました。

 

当日は、本社 佐藤知和 青少年・ボランティア課青少年係長を講師に迎え、「自分のいのちは自分で守る!」をテーマに、災害が起きた際に被害を軽減する方法などをメンバー個人やグループで話し合いながら学習し、防災の必要性や危険予測・危険回避について理解を深めました。

 

【参加者集合写真】          【グループワーク】

 

日本赤十字社では、「災害からいのちを守る日本赤十字社」を確立するため、青少年赤十字の防災教育をはじめ、市民の方を対象とした「防災啓発プログラム」の開催などを行っていきます。