その他

災害発生時のボランティア活動を考える

 2月23日(日)に鳥取県立倉吉未来中心で「赤十字防災ボランティア研修会」を開催しました。

 当日は、避難所体験や救護関連資材の見学を通して、今後発生しうる災害に備え、どのようなボランティア活動が必要で、その活動をするためにどのような準備が必要なのかグループに分かれて検討しました。

 日本赤十字社鳥取県支部では、「災害からいのちを守る」をキーワードに訓練・研修にかかる体制を充実させ、防ぐことのできない災害に対する対応能力の強化を進めていきます。

※赤十字防災ボランティアとは?

災害時に被災者に対する応急救護、復旧等の活動について、その能力、労力、時間等を自主的に無償で提供くださる方をいいます。