その他

世界救急法デー(World First Aid Day)イベントを実施いたしました。

■ 世界救急法デー(World First Aid Day)とは?

 

2002年9月、国際赤十字・関新月社連盟が救急法のさらなる普及をめざし、毎年9月の第2土曜日を「World First Aid Day」(世界救急法デー)と定めました。日本赤十字社もこの動きに呼応し、全国的に特色あるイベントを実施しています。

 

■ 今年度は国際交流財団とタイアップ!!

平成26年度のイベントは国際交流財団において日本語を学習されている方を対象に救急法を実施いたしました。

 

会場ではインストラクターの話をその場で英語と中国語に翻訳し、受講者に伝達!

 

【指導員によるデモンストレーション】  【講習内容をその場で通訳さんが翻訳】

 

 

専門用語や細かいニュアンスに苦労しながらも、講習会を受講できる機会が少ないということで、みなさん熱心に受講していただきました。

 

【AEDの注意点を身振り手振りで伝達】

 

心肺蘇生とAEDの使用法以外にも、止血の方法とやけどの手当について参加者の皆さんと一緒に楽しく学習しました。

 

今後も日本赤十字社鳥取県支部では”人間を救うのは人間だ”のスローガンのもと、より多くの方にとっさの手当を知っていただけるように救急法の普及に取り組んでいきます。