ボランティア

学生赤十字奉仕団が海外たすけあい街頭募金を行いました

12月7日(日)、鳥取学生赤十字奉仕団(委員長 山本憲典、団員数64名)がイオン鳥取店(鳥取市天神町)において、「平成26年度海外たすけあい」の街頭募金活動を行いました。

 

海外たすけあいは、12月1日~25日の間、日本赤十字社とNHKが行うもので、集められたお金は、世界各地で起こる災害や紛争、飢餓や病気などで苦しんでいる人々を支援するために役立てられます。

 

この募金活動当日の気温は2℃、みぞれが降りしきる中での活動となりました。団員たちは凍える手で募金箱を支え、「海外で苦しむ人々を支援するために海外たすけあい募金にご協力ください。」と行きかう人たちに呼びかけました。

 

【街頭募金活動の様子】

 

買い物に訪れたたくさんの方々からご協力をいただくとともに、「寒いけどがんばってね。」とあたたかい励ましの言葉をいただき、無事に募金活動を終えることができました。

 

 

次回は、12月14日(日)10時ごろ~12時半ごろまで、イオン鳥取店にて「海外たすけあい」の街頭募金活動を行います。みなさまのあたたかいご協力をお願いいたします。

 

 

記事:鳥取学生赤十字奉仕団