鳥取県支部からのお知らせ

「道の駅奥大山」にて赤十字寄付金付き自動販売機設置セレモニー

平成27年4月24日、江府町にオープンした「道の駅奥大山」に赤十字寄付金付き自動販売機が設置されました。

 

当日は、道の駅の開設式に引き続き、赤十字寄付金付き自動販売機設置セレモニーを開催いたしました。

 

【寄付金付き自動販売機除幕の一場面】

 

セレモニーでは、道の駅奥大山の小谷幸之助駅長、日本赤十字社鳥取県支部の平井伸治支部長、江府町の竹内敏朗分区長、サントリー中国第一支店の岡本八潮支店長により自動販売機の除幕を行った後、実際に飲料の購入をしていただきPRしました。

 

赤十字寄付金付き自動販売機は県内では9台設置されておりますが、道の駅への設置は初であり、より多くの方にご利用をいただけるものと期待しております。

 

【平井支部長による飲料の購入でアピール】

 

また、道の駅には今後も平成27年7月にオープン予定の「きなんせ岩美」、平成28年春の「道の駅にちなん(仮称)」へ設置していただくこととなっております。

 

気軽な社会貢献活動の一つとして、赤十字寄付金付き自動販売機をよろしくお願いいたします。

 

 

 

<赤十字寄付金付き自動販売機とは?>

売上金の一部を日本赤十字社鳥取県支部へご寄付いただくもので、寄せられた寄付金は、災害救護活動や救急法等の講習普及事業、赤十字奉仕団の普及と活動などに充てられ、設置していただく方にも、購入していただく方にも気軽に社会貢献していただけます。