ボランティア

鳥取学生赤十字奉仕団が「2015年ネパール地震救援金」の街頭募金

4月29日(水)、イオン鳥取店様(鳥取市天神町)のご協力を得て、鳥取学生赤十字奉仕団(委員長 福政泰斗 団員数46名)が、ネパールを中心とする地域で発生した地震の救援金募金を行いました。

 

 

ネパールや周辺諸国では、4月25日(土)に発生したマグニチュード7.8の地震により、甚大な被害が発生しています。

ニュース報道での死者数は日をめくるごとに増え、未だ被害の全容は明らかになっていません。そのような中で鳥取学生赤十字奉仕団の団員たちが「この悲惨な状況を少しでも緩和できれば」と、買い物に訪れた方たちへ呼びかけを行いました。

 

 

買い物に訪れた方々から、「すごい被害ですね。募金頑張ってください。」「困っている人のために役立ててください。」など、ご寄付とともに、あたたかい励ましの言葉をいただきました。

 

今回、募金で集められた救援金34,507円は、現地での救援活動に役立てられます。

ご協力いただいた皆様ありがとうございました。

 

 

 

記事:鳥取学生赤十字奉仕団