ボランティア

米子青年赤十字奉仕団が恒例の交流会を開催!

4月19日(日)鳥取県西部の日吉津村海浜公園キャンプ場で米子青年赤十字奉仕団(甲田委員長 団員11名)が、島根県の「しんじ湖青年赤十字奉仕団(足立委員長 団員10名)」と恒例の交流会を行ないました。

 

当日は降水確率が80%と開催が危ぶまれましたが、くもり後小雨程度のコンディションの中、お花見をしながらの交流会を実施することができました。

 

青年奉仕団員や団員の家族、鳥取学生赤十字奉仕団米子分団員、鳥取県青年(学生)赤十字奉仕団連絡協議会顧問や青少年赤十字(JRC)の指導者さんなどバラエティーに富んだ17名のメンバーで、米子青奉のメンバーが準備したバーベキューを楽しみながら交流を深めました。

 

【バーベキューを食べながら交流!】

 

各青奉ともに有職メンバーで日頃顔を会す機会が少ない事が悩みの種だということですが、日頃共有する悩みを語りながらJRCで培われた赤十字の旗の下、和気あいあいと和やかな時間を楽しむことができました。

 

【全員で記念撮影】

 

このような機会で知り合った事をきっかけに、情報交換などをはかり、互いの活動の活性化につなげていければと思っております。

ご参加いただいた皆様にこの場を借りて、お礼を申し上げます。

 

記事:米子青年赤十字奉仕団