ボランティア

鳥取学生赤十字奉仕団が「ネイチャーゲーム研修会」を開催

5月9日(土)、鳥取学生赤十字奉仕団(委員長 福政、団員数57名)が鳥取県立鳥取砂丘こどもの国において、「ネイチャーゲーム研修会」を開催しました。

この研修は、毎年夏に県内の小学生を招待して当団と日本赤十字社鳥取県支部が行う「ゆうゆうキャンプ」に向けて「自然に触れるプログラム」を学びたいという団員の強い思いから、「とっとり砂丘ネイチャーゲームの会」様の協力を得て実現したものです。

 

当日は「とっとり砂丘ネイチャーゲームの会」様より 岡垣祐子様(ネイチャーゲームインストラクター)、松田弘志様(ネイチャーゲームリーダー)のお二人をお招きし、実技研修を中心とした「ネイチャーゲーム入門講座」をしていただきました。

 

【講師の説明を熱心に聞く団員】

 

「ネイチャーゲーム」が初めての団員たちでしたが、実際にネイチャーゲーム研修体験が始まると普段は何気なく見ている草木や生き物に目が行き、自然の魅力に引き込まれていました。

【徐々に自然の魅力にはまってきました】

 

参加した団員からは、「感性を大切にすること、自然を五感で感じることを大切に、子どもたちに伝えていきたいと思います。」「想像力を高めることができ、新しい発見がたくさんありました。」「自然の素晴らしさをあらためて知ることができました。」などの感想が寄せられ、研修後は、夏のゆうゆうキャンプに向けての意気込みを語り合っていました。

 

【講師のお二人と記念撮影】

 

ご協力をいただきました講師様をはじめ、「とっとり砂丘ネイチャーゲームの会」のみなさまに心より感謝とお礼申し上げます。

 

<参考>とっとり砂丘ネイチャーゲームの会のWEBサイトにも、今回の活動記事が掲載されていますので、是非ご覧ください。

 

 

詳しくはこちら

記事:鳥取学生赤十字奉仕団