青少年赤十字

青少年赤十字(JRC)高校部会のメンバーが交流しました

平成27年6月1日(月)米子市のふれあいの里で、青少年赤十字の高校生メンバー81名が集まり、交流・研修を行いました。

 

アンリ―・デュナンの紙芝居のあと、スタディ・センターの報告を聞き、赤十字への理解を深めました。

 

次に、防災教育プログラム「まもるいのちひろめるぼうさい」のグループワークを体験しました。

 

【米子東高校メンバーの紙芝居】         【グループワークの様子】

 

 

午後は高齢者のからだの状態を体験するグッズを用い、生活の不自由さを体験したり、車いすで炎天下の屋外を移動しました。

 

【野外で車椅子体験】        【サングラスをしてお金を選ぶ体験】

 

今年はJRC加盟校全校が参加し、境高校の1円玉募金の贈呈式も行われたりと多彩な内容で1日を過ごししました。