災害救護

「こころのケア」研修を行いました

6/13(土)に救護員(職員)を対象に、6/14(土)に防災ボランティアを対象にした「こころのケア」研修を開催しました。

 

両日とも、特別講師として、室蘭工業大学 環境科学・防災研究センター 前田 潤 教授をお招きしてご指導いただきました。

前田教授の東日本大震災をはじめとする数々の活動体験に基づくお話しで、災害時における「こころのケア」を再認識するとともに、今後の業務やボランティア活動に生かす貴重な体験になりました。

 

【前田教授(左)によるアイスブレイク】  【リラクゼーションの実技】

 

 

こころのケアを含めた、日本赤十字社の災害救護活動は、赤十字の使命に基づく重要な業務であり、災害発生時に十全な活動が行えるように、今後も研修・訓練を行っていきます。