ボランティア

「私たちは忘れない・・・」
学生赤十字奉仕団が台湾地震救援金募金を呼びかけ

2月20日(土)、鳥取学生赤十字奉仕団(委員長 三宅眞子、団員数61名)がイオン鳥取店(鳥取市天神町)において、「2016年台風地震救援金」の街頭募金活動を実施しました。

 

台湾では2月6日に発生したマグニチュード6.4の地震により高層マンションの倒壊・損壊による甚大な被害が発生しています。

 

団員たちは少しでも被災された方々のお役に立てればとの思いから、店舗3ヶ所の入口に立ち、行きかう人たちに支援を呼びかけました。

 

H27-gakuhou-taiwan1

 

当日は寒さが厳しく、雨の降りしきる中での募金活動でしたが、たくさんの方々が足を止めて協力をしてくださいました。団員たちは「ありがとうございます」と笑顔で感謝の気持ちを伝えていました。

 

間もなく発災から5年目を迎える東日本大震災では、台湾からご支援をいただいており、台湾の人たちのその心に報いる一助にもなればと募金活動をすることといたしました。

 

今回、ご協力いただいた募金35,388円は現地での救援活動に役立てられます。

 

H27-gakuhou-taiwan2

 

ご協力をいただきました皆様ありがとうございました。