鳥取県支部からのお知らせ

赤十字奉仕団鳥取県支部委員会を開催しました

3月3日(水)倉吉市において、赤十字奉仕団鳥取県支部委員会を開催いたしました。今回は新たに結成された鳥取看護大学赤十字奉仕団も参加し、平成27年度の事業実施の報告、次年度事業計画について各委員にご審議いただきました。

 

今年度は悪天候で中止となった行事も多くありましたが、ほぼ予定通り事業が終了しました。次年度は、防災啓発プログラムに重点をおき、各奉仕団に指導のできる団員を作り、地元の防災組織へ働きかける予定としています。また、東日本大震災復興支援事業や寄付金付自動販売機の設置推進も引き続き実施いたします。

 

H27-sibuiinkai1 H27-sibuiinkai2

【金田支部委員会委員長のあいさつ】    【真剣に審議する委員】

 

 

役員改選も行われ、新役員も決定し4月からの新体制が決定しました。また、休憩時間を利用し、東日本大震災から5年目となる被災地に応援メッセージを記入しました。

 

H27-sibuiinkai3

【東日本大震災被災県への応援メッセージの記入】

 

 

次年度も奉仕団員の皆さまのご支援をよろしくお願いします。

 

 

<赤十字奉仕団支部委員会>
赤十字の理念に基づいて、ボランティア活動を行っている鳥取県内55の奉仕団委員長が集まって活動報告、次年度の計画を確認します。