ボランティア

西部地区の赤十字奉仕団員日南町に集合!

9月4日(日)、日南町健康福祉センター「ほほえみの里」で、西部地区の赤十字奉仕団員60人が参加し基礎研修会が開かれました。

 

全員が自己紹介をした後、金田委員長の講義で、赤十字の基本的な知識や救護活動が奉仕団活動の大きな柱であること、社員制度の変更などの説明を聞きました。

 

午後からは、舩越指導講師の指導のもと、「災害福祉マップ」を使い、全員で自分のうちの周りの人達を救うための行動について、熱心に話し合いました。

 

開会式では増原町長が災害に想定外はないと話されましたが、普段からの備えと近所の関係づくりの大切を確認した有意義な1日になりました。

 

企画していただいた皆様方に感謝申し上げます。

 

H28-seibukiso1 H28-seibukiso2

  【金田支部委員会委員長の講義】    【マップ作りを説明する舩越講師】

 

H28-seibukiso3 H28-seibukiso4

  【防災福祉マップ作成の様子】    【実際の避難時の姿でグループ発表】