鳥取県支部からのお知らせ

高知県・鳥取県の赤十字奉仕団が交流しました!

平成28年11月28日(月)、戸梶恵子赤十字奉仕団高知県支部委員会委員長他4名の奉仕団員が、鳥取県を訪れ、同奉仕団鳥取県支部委員会の13名と交流しました。

 

交流では、両県の災害に備えての活動を紹介しました。発災時に防災ボランティア活動を実施した奉仕団から、中部地震で実際に「炊き出し」や「傾聴ボランティア」を行なった体験を紹介しました。

 

kouti-kouryu1

【両県の情報交換に熱が入りました】

 

発災時には団員への連絡が取りにくい事や、発災直後より翌日の方が被害状況が分かる事、避難所では障がいを持つ人が不自由であることなど話し合い、時間がたつのも忘れるほど熱心に情報交換がなされました。

 

kouti-kouryu2

【休憩中には鳥取県の奉仕団による人形劇も披露されました】

 

距離的には遠い両県ですが、これからも赤十字を通じた関係づくりを約束しました。

 

kouti-kouryu3

【参加者全員で集合写真】