鳥取県支部からのお知らせ

平井伸治支部長が管内鳥取赤十字病院を視察

7月2日(日)、来年5月にグランドオープンする予定の鳥取赤十字病院を平井支部長が視察されました。

 

行事中、建設の状況が見渡せる上層階(B館8階)で、施工業者から工事の進捗状況の説明を受けられたあと、山陰地方随一の検査件数を誇る「内視鏡センター」や鳥取県内では鳥取大学医学部附属病院と鳥取赤十字病院にしかない手術支援ロボット「ダヴィンチS」も視察されました。

 

「内視鏡センター」や「手術室」では支部長がスタッフのレクチャーを受けながら実際に内視鏡やダヴィンチSの模擬操作を体験されました。

 

 

【建設状況の説明を受ける支部長】

 

 

【模擬人形を使って内視鏡の操作を体験する支部長】