鳥取県支部からのお知らせ

「バングラデシュ南部避難民救援金」の受付を開始しました

平成29年8月下旬から、ミャンマー西部ラカイン州で暴力行為が相次ぎ、隣国バングラデシュへ避難する人びとが急増し、水やシェルター、医療、食料などが不足する状況が続いております。

 

この状況を受けて日本赤十字社では、救援金の受け付けを開始しました。ご寄付いただいた救援金は、災害の救援活動にあてられます。皆さまの温かいご支援をよろしくお願いいたします。

 

※救援金の協力についてはこちら(本社WEBサイトへリンクします)をご覧ください。