ボランティア

鳥取学生赤十字奉仕団が海外たすけあい街頭呼びかけ!

鳥取学生赤十字奉仕団(委員長 大久保拓人、団員数31名)は、12月3日(日)、23日(土・祝)の2日間、イオン鳥取店様(鳥取市天神町)のご協力を得て、「平成29年海外たすけあい」の街頭募金活動を実施しました。

 

 

海外たすけあいは、毎年、日本赤十字社とNHKが共同で実施するもので、紛争や自然災害、飢餓、病気で苦しむ人々のために役立てられます。今年のテーマは「救うことを、つづける」。大久保委員長は「海外たすけあい募金を通して、世界中の人同士で支え合うことのできる世の中になれば。」と海外たすけあいへの思いを語っていました。

 

冷たい風が吹き付ける中での募金活動となりましたが、「ご苦労様」「今日は何時からがんばってるの?」など、たくさんの方から励ましの言葉をかけていただき、あたたかい気持ちで募金活動を終えることができました。

 

 

 今回の募金額は64,949円でした。ご協力いただきましたみなさまに心よりお礼申し上げます。

 

 

 

記事:鳥取学生赤十字奉仕団