その他

中国河北省から寄贈を受けた医療用マスクを鳥取赤十字病院へ

中国河北省から友好関係にある鳥取県に対し、新型コロナウイルス感染症への支援として医療用マスクの寄贈申し出があり、国際的なネットワークを持つ赤十字のルートを使い、6月12日鳥取県支部へ到着しました。

 

寄贈を受けた中から、1,000枚を当支部で頂けることになり、管内鳥取赤十字病院で新型コロナウイルス感染症をはじめとする感染症対策に役立ててもらいます。

 

なお、後日、平井伸治支部長からお礼状は送付されることになっています。

 

【届いた医療用マスク】